コミュニケーションサービス

テレワークは、場所や時間を問わない新たなワークスタイルを確立するICT技術です。 テレワークの導入により、希少な労働力確保、ワークライフバランスの実現、地域活性、環境負荷低減、営業効率の向上、コスト削減、災害時事業継続など様々な効果が期待できます。 しかしながら、テレワーク導入の効果は、単にモバイルPCやスマートデバイスの支給を行うだけでは得られません。 効果を最大限に発揮するためには、それらのデバイスをセキュアに接続するネットワークの構築が不可欠です。

iSECは、既存内線網(PBX)のVoIPネットワーク化(IP-PBX)だけでなく、WANを利用した広域内線ネットワーク(VPNトンネルでのVoIP)の構築を得意としております。 また、iSECではISP事業(NTT回線)も展開しておりますので、お客様で別途回線をご用意頂く必要はなく、VoIPネットワークをワンストップでご提供可能です。 さらに、モバイルワークを強力に推進する仮想デスクトップをはじめ、ビジュアルコミュニケーションやインスタントメッセージ、プレゼンス(在席状況確認)などのユニファイド・コミュニケーションのご提案にも多数の実績があります。

IP-PBX(Asterisk)によるVoIP広域内線網構築

sampleiSECは、オープンソースIP-PBXである「Asterisk」を使用したVoIP環境を構築を得意としております。「Asterisk」はオープンソースであるため、その他のIP-PBX製品と比べ圧倒的に低価格であることが特徴です。 また、「Asterisk」は官公庁や1部上場企業などでの採用実績があり、安定した動作も特徴の一つです。

iSECは、「Asterisk」を用いたサテライトオフィス(在宅勤務)環境構築、レガシーPBXからの移行、大規模内線網構築、既存電話のIP電話化など様々な導入パターンを経験しております。 多数の導入実績によって得たノウハウで、スピーディな導入、そして安定したVoIP環境の構築を実現します。

サテライトオフィス(在宅勤務)環境の構築

iSECでは、既存のビジネスフォンを利用した移行提案や、既存電話回線、LANネットワークを組み合せたハイブリッド環境の構築など、お客様の状況、ご要望に沿ったサテライトオフィス/在宅勤務環境を構築します。 社員宅やSOHOなどの小規模環境から、複数拠点にまたがる大規模環境まで、大小様々なパターンでの実績がございます。 また、回線や電話端末、IP-PBXサーバーなどのサテライトオフィス環境構築に必要なハードも含めた形でのご提供も可能です。

satellite001

レガシーPBXからIP-PBXへの移行

iSECは、既存のアナログ回線を用いた内線網運用についても、幅広い知識を有しております。 そのため、単純な全VoIP化だけでなく、段階的なVoIP環境への移行も可能です。 もちろん、コスト削減等の経営課題解決には、全VoIP化が最も効果的です。 iSECは全拠点VoIP化完了までの暫定的なハイブリッド環境、移行段階での運用等、幅広いサポートでお客様の労働環境改善に尽力します。

大規模内線環境の構築

複数拠点に跨る大規模な内線環境の構築には、幅広い、そして深いICT技術の理解が必要です。 さらに、大規模なネットワークの構築では、小規模ネットワークと比較しセキュリティホールが発生し易いため、セキュリティの知識が不可欠となります。 iSECは社名にセキュリティの名を冠するほど、セキュリティサービスの導入・運用には自身があります。それらのセキュリティの知識を有機的に活用し、安定した内線環境の構築を実現します。

既存電話回線のIP電話化

事務所運営における、ファシリティマネジメント(FM)は近年、ますます重要性を増しております。そのFMの中でもっとも費用対効果が出やすいと言われているのが、IP電話への移行です。 iSECは、お客様の既存インターネット回線を用いたIP電話の導入はもちろん、新規インターネット回線(NTT回線)とセットでのご提供も可能です。

構築した環境の継続的な保守・運用サポート

テレワーク環境導入は、導入フェーズ(イニシャル)が重要ですが、導入後の運用フェーズ(ランニング)も同じく重要です。 運用フェーズにおていは、機器故障や、通話品質(QoS)問題、さらには天災等の有事に備えた運用設計が必要です。 iSECでは、運用フェーズにおける様々な事象を想定した導入設計はもちろん、導入後の運用サポートにも力を入れております。

仮想デスクトップ(VDI)

sampleサーバー仮想化に続くICT環境のモダナイゼーション(近代化)のステップとして注目されている、仮想デスクトップは、単に物理PCを代替するだけではないメリットがあります。

情報漏洩を防ぐセキュリティ対策、災害対策をはじめとするBCP(業務継続計画)の強化、大規模に分散したクライアント端末の運用管理を集中化することによるTCO削減、在宅や外出先でも働きやすい環境を提供するワークスタイル変革など、今日の企業が抱えている様々な課題を仮想デスクトップによって解決に導くことが出来ます。

Citrix XenDesktop(XenApp)

iSECは、仮想デスクトップの黎明期からCitrix XenDesktop(XenApp)を取り扱い、仮想デスクトップのパイオニアとして様々な企業様のモダナイゼーションを推進して参りました。 各バージョンの差異、導入に最適なネットワーク環境、導入後のトラブルシューティング等、多くのノウハウを蓄積しております。

sample

ユニファイド・コミュニケーション

sampleユニファイド・コミュニケーション(以下、UC)は、プレゼンス(在席状況)、ビジュアルコミュニケーション、インスタントメッセージなどのさまざまなコミュニケーションツールの統合によりもたらされる、高効率なコミュニケーションです。 UC導入による次世代コミュニケーションの確立は、散在するコミュニケーションツールを統合し、情報の相互流通を迅速に行い、お客様の生産性を向上させることが出来ます。

iSECは、Microsoft Lync(Skype for Business)を中心としたUC導入により、場所に囚われないスムースなコミュニケーションを促進し、お客様の迅速な意思決定に寄与します。

LyncのIP-BPX(Asterisk)連携

iSECでは、オープンソースのIP-BPXであるAsteriskによるVoIP網の構築サービスも展開しております。 iSECは、AsteriskとLyncを連携させ、Lyncを介した内線電話機との接続、外線との接続を可能とし、より高次元でのUC環境の構築が可能です。

Lync.001